« オヤジとカラオケ術 | Main | 老いかけて雪国 »

November 16, 2004

火事とワカモノ

030502_182102.jpg
2日前に紹介した、私が撮った火事の写メである。
これをオヤジに見せると、「ブラックだねえ~」と言いながら、
かなり喜んで頂ける。

先日、ワカモノにも見せたら、刺激が強すぎたか。
苦笑いという感じだった。

人の不幸で笑いを取ろうとする根性に、「サイテー」と思うのは、
ワカモノの方かもしれない。
しかし、「この家、何回か火事起こしてて、実は保険金狙いというウワサが
ありますよ。」などと、トドメを刺すのはワカモノの方だ。
 
私はオヤジに好かれる(努力をしている)が、実はワカモノにも好かれる。
そして指導した覚えはないが、みな一様に私を「ねえさん」と呼ぶ。
それは「姉さん」、ではなく、「姐さん」だと思われる。
そして頼られる。
でも中には「頼る」のではなく、「利用している」ワカモノもいる。
それに気付くのはだいぶ後なので、しまったと思うときには後の祭りだ。
でも、感謝されることも、後で祭られることなく、「姐さん」の存在は
消えていく。
それがワカモノの怖さだ。

それに引き換え、オヤジたちには利用されることがない・・・と
思っていたのだが、最近ではそんなこともないようだ。
「飲みに連れて行ってやるから、あの子連れて来い」とか、
「あの子行けないのか・・・。しょうがないな。お前だけでも来るか?」などと、
後で気付かせる上手さはなく、今利用されていると気付くくらいに利用されている。
それでも「私だけじゃ嫌みたいね!!」などと怒ってはいけない。
「ハイ、もちろん行きます。」と言えなければ、OGK会長として失格だ。

だんだん会長としての適齢期を過ぎてきたのかもしれない。
会長の座をワカモノに譲るのはまだまだだが、
教育していくべきであろう。
そして新会長が誘われたときには付いて行ける。
だが、もしやこれは私がワカモノを利用していることになるのか?
と自問自答。


|

« オヤジとカラオケ術 | Main | 老いかけて雪国 »

Comments

注文 販売 これらの 偽造バッグ 取得 また違法。 選択する クラバット ネクタイの嘘を購入 で、 人人 は間違いなく それを着用します。 フルレングス、緩く合う衣服 に感謝 長いまたは 短期 袖を身に着けられて すべてで 両方の男性 といくつかの女性。 さて に最終的にあなた は のために払って 一般的に 名。

Posted by: 財布/小物 | January 06, 2014 at 11:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64330/1978246

Listed below are links to weblogs that reference 火事とワカモノ:

« オヤジとカラオケ術 | Main | 老いかけて雪国 »