« タコにやられる | Main | 無償の愛 »

April 07, 2005

我が家の鳥の思い出したくないおもひで

私の実家では、私が小さい頃から動物をたくさん飼っていた。犬、猫、リス、金魚・・・・。中でも、物心ついたころに飼い始めたのは文鳥である。その後、初めてセキセイインコを飼った。ピコちゃんという名のインコだ。ピコちゃんはヒナから飼い始めたので、家族に大変よく慣れていた。肩に乗せて外に出ても、逃げなかった。言葉も覚えた。日中家にいる祖母の言葉をよく覚え、「ピコちゃん、ピコちゃん」としゃべっていた声は、祖母そっくりだった。

ある日、ピコちゃんの様子がおかしいので、カゴから出して居間の暖かいところに置いておいた。しばらくすると、居間が騒がしい。行ってみると、ピコちゃんが死んだと言う。さっきまで生きていたのに。しかしよく聞くと、死因は病気ではないようだ。なんと、姉がピコちゃんを踏みつけたのだった。バカ姉が言い訳した。

「ピコちゃんと絨毯の柄が同じだった・・・。」

その後もインコはたくさん飼った。全く慣れてないインコや、肩に乗せたら肩がこるほどのデブインコまで、一時期は一つのカゴに数羽いたこともある。 鳥には日光浴が大事である。時々、玄関の外に吊るしていた。ある日バカ姉が吊るしたカゴを降ろそうとした際、カゴの底が外れ、中のインコが全部飛び出て逃げた。一生懸命追いかけたが、捕まえたのは飛ぶのが苦手なデブインコともう一羽だけだった。

それから中学生の頃、お年玉で文鳥のヒナを買った。ブンちゃんと名づけたその文鳥はとても私に慣れていた。カゴの中に手を入れられるのは私だけで、他の家族が手を入れるとすさまじい勢いで手をつつくのだ。ある休日の朝、母親の悲鳴で起きた。「ブンちゃんが~!」急いで行ってみると、ブンちゃんのカゴの中にはブンちゃんはいなく、1匹のヘビがとぐろを巻いていた。よく見るとヘビの腹が他より二周りほど太い部分がある。それを見てブンちゃんの運命を知った。どうやらヘビはカゴの隙間から進入したらしい。でも今は太くなっているので、カゴから逃げられない。父がそのカゴを庭に持ち出し、何をするのかと思っていたら、突然熱湯をかけ始めた。ブンちゃんの仇を取ったのだ。

今度はバカ姉がインコを買った。キレイな青いセキセイインコだ。ヒナを買ったのでとてもよく慣れた。その頃はうちの裏庭で紀州犬を飼っていた(今も健在だが)。白くて気性の荒いでかい犬だ。ある日バカ姉がそのインコを両手の中に入れて犬の前に差し出した。「お座り!お座り!」エサだと思った犬はおとなしく座っていたが、多少興奮気味だ。その瞬間、バカ姉の手からインコが飛び出した。あっという間に犬に捕まえられたインコは息絶えてしまった。紀州犬は元々猟犬のため、鳥とか小さい動物を見ると捕らえずにいられない本能があるのだ。

我が家にはほんとに動物に関する出来事がいっぱいある。縁日で買ったヒヨコが大きくなり、ある日いなくなったと思ったらその日の夕食に出てきたとか、田んぼで取ってきたカエルの卵がオタマジャクシになり、足が出てきたと思ったら、そのうち一匹もいなくなって家の周りがゲコゲコうるさくなったとか。

今、こういうエピソードを書いていて、そのときのことを思い出して本当は命を全うさせてあげたかったと思うと心が痛む。でも、生きてる間はとてもかわいがっていたし、鳥たちも幸せだったと思う。 よく動物は飼うと死ぬのがかわいそうでイヤ、という人がいるが、確かにそうだと思う。でも新しく飼う事でその悲しみを忘れることができるし、この世に生を受けた動物は(野生は別として)誰かが飼ってあげないと生きられない。何より一緒に生活している幸せな時間は何にも変えられない。

それより、未だに実家でパラサイトしているバカ姉をなんとかしたほうがいいのだろうな。

|

« タコにやられる | Main | 無償の愛 »

Comments

はじめまして、矯正仲間です(笑)。
先日1本目の抜歯が終わりまして、抜歯で開いた穴から空気が漏れてしゃべりにくいとか思ってる人間(?)です。
それより。我が家でもありましたよ~、平飼いしていたセキセイインコのヒナを兄が踏み潰してしまったり、タマゴ抱いてる母の巣箱をべろり~ん、と兄が覗きこんで母鳥の逆鱗に触れてしまい、産んだタマゴをぺろりと食われてしまったり。
究極は調子に乗ってシマリスを放し飼いにしてコトもあろうかホウ酸ダンゴにあたらせて死なせてしまったり。・・・嗚呼命をムダにした予感(笑)
何はともあれ、矯正日記、楽しみにしています。
これからもちょこちょこ覗かせていただきます♪

Posted by: mari | April 09, 2005 at 10:43 AM

mariさん、コメントありがとうございます。
矯正仲間ですか。私はまだまだ始まったばかりですが、お互いがんばりましょう~。

私もずいぶん飼ってきた鳥たちに残酷物語~って感じですが、同じ失敗は繰り返さないよう自分も飼い主として成長したと思いますね。姉の方はどうだか・・・・。

紀州犬は、他に猫2匹、チャボ1羽を殺っちゃってますが。

Posted by: OGK会長 | April 09, 2005 at 01:04 PM

My brother suggested I might like this web site. He was once entirely right. This put up truly made my day. You can not consider simply how much time I had spent for this info! Thanks!

Posted by: best dating sites | January 14, 2015 at 04:43 PM

What's up, just wanted to mention, I loved this article. It was funny. Keep on posting!

Posted by: match.com | February 12, 2015 at 06:55 AM

Heya excellent blog! Does running a blog similar to this take a massive amount work? I have absolutely no knowledge of computer programming however I had been hoping to start my own blog in the near future. Anyway, if you have any suggestions or tips for new blog owners please share. I understand this is off topic nevertheless I simply needed to ask. Appreciate it!

Posted by: CinthiaGMangram | June 01, 2015 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64330/3600838

Listed below are links to weblogs that reference 我が家の鳥の思い出したくないおもひで:

« タコにやられる | Main | 無償の愛 »