« 気をつけたいこと | Main | 掘り出し物 »

May 27, 2005

地殻変動開始(調整3回目)

さて、調整も3回目となった。
歯も私が見ても動いているのはわかるので、調整のたびに動くようになるかと思うと、調整日が待ち遠しい。

いつもは仕事後に行くのだが、今回は土曜日の午前中に行った。
平日行くより、少し患者が多いようで少し待たされる。
いつも「テニスの王子様」をありえね~!と思いながら読んで待っている。
時には診察台の上で待たされるので、診察室にも持って行く。
1巻、2巻と読んでいってたのだが、次が5巻しかない。
仕方なく5巻を読み終わると、次が10.5巻しかない。
なんじゃ?10.5って・・・読むのをやめた。

診察台に座ると、院長が矯正前に取った歯型と照らし合わせながらチェック。
「動いてますね~。奥歯もよく動いてますよ。」
犬歯しか気にしていなかったのだが、隠れたところで動いてくれていたのね、奥歯君。
そういえば、奥歯の隙間は一番細い歯間ブラシがユルユルになっている。

「ご自分でも動いていることを実感してるでしょう。」と院長。
「はい!」と大きく頷く。
「もう少し動いたら2番の歯にブラケットつけますからね。」

今回は院長の指示で若先生が調整をする。
前歯から犬歯に入っているバネは前回と変わらず装着。

「次回の調整で下の歯にリングをつけますから、歯の隙間を広げるためにゴムを入れます。」
げ~!またセパレータか~。しかも3週間も・・・・。
また歯の生え替わりの子犬状態になるのか。

今回の支払い:5000円

2度目のセパレータは意外にも違和感はなかった。食事の後、舌で触ると歯の隙間になんか挟まってるので鏡で見ると、あ、セパレータが入ってるんだった、って程度だ。

ブラケットとワイヤーを固定するゴム、オーリングとかなんとか呼ぶらしいが、うちの歯科では「パワーチェーン」と呼んでいる。パワーチェーンというと、鎖状になったゴムで歯を引っ張るために使用するものの名前ではないだろうか、と思っていた。
今回の調整で気がついたのだが、実はこの歯科ではオーリングの代わりにパワーチェーンを切って使ってるようなのだ。もしかしたらオーリングよりも細くて目立ちにくいかも。元々半透明のオーリングだと目立つことはないだろうが、一つ私が感じる利点がある。それは色が染まりにくいということ。
注文した食事にたまたまカレーが入っていたり、ミートスパゲティが入っていたりする。食べるのをやめようかと思うが、これを食べないと食事の量が減って、腹が減る。ちょっとくらい染まってもいいや~と結局食べるのだが、後で鏡を見ても、ゴムが染まっていないのだ。
コレってすごくないですか?

調整の次の日、朝起きて早速前歯と犬歯の間を測定すると、
「お~~~~っ!!!」
すでに昨日より1mm動いている!
やっぱり動き出すと早いのかな。う~ん、加速度がアップ。

今日は次の調整まで1週間というところだが、また0.5mm程動いているように感じる。
左右で若干動きは違うが、バネの隙間も大きくなって伸びているのがわかる。
ああ、矯正が楽しくなってきたぞ~。


|

« 気をつけたいこと | Main | 掘り出し物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64330/4301750

Listed below are links to weblogs that reference 地殻変動開始(調整3回目):

« 気をつけたいこと | Main | 掘り出し物 »