« レースは現場で起こってるんだ! | Main | SIERRA インセンスシダー・ボールペン »

August 16, 2005

映画って、本当にいいもんですねえ

先日、矯正仲間のmagさんよりシネマバトンを頂きました。
映画好きの会長としては嬉しいバトン、だけどとても難しいバトンです。

Q1 好きなジャンル
Q2 その中で一番面白かったもの(3つほど)
Q3 今後観たいもの
Q4 回す人(0~何人でも)

だそうな。

バトンといえば、私がよく行くテニスコートの横に体育館があり、そこの更衣室を借りるのだが、時々小学生の女の子達がバトントワリングのレッスンをしている。ピチピチのレオタードを着て、「こんにちは~」と声をかけてくれるので、ロリコンにはたまらんだろうなぁ~と思うのだが、横にはお母様達の眼が光っているので女の私でもちょっと恐怖を感じるのであった。

まず、
Q1 好きなジャンル

私は「サスペンス」ものが好きです。
サスペンスとあらば、映画も2時間ドラマも好きでついつい観てしまう。
最後に大どんでん返しがあれば最高。

Q2 その中で一番面白かったもの(3つほど)
・「ユージュアル・サスペクツ
これはビデオで観たのだけど初めの方、意味がわからなかったり、人の名前と顔が一致しなかったんだけど、観ていくうちにどんどん引き込まれて、しかも最後は~~~!!というんで、すごく面白かった。おもわずビデオを巻き戻して、初めから確認していたら、また最後まで観てしまった。
ケビン・スペイシーの演技力がスゴイ。コレをきっかけに彼の出演する映画は観るようになったのだけど、主役から味のある脇役から凶悪犯まで、幅広い演技力には脱帽。この前、「白銀に燃えて」という映画を観たのだけど、ケビン・スペイシーより、犬の演技の方がすごかったけどね。
若かりし日のベネチオ・デル・トロにも注目。

・「今そこにある危機
ジャック・ライアンシリーズ第2弾。国の運命を背負って戦うハリソン・フォードはかっこいい。

・「羊たちの沈黙
私はすごく面白かったと思うので、人に勧めるんだけど「怖くて観られない!!」と誰も観てくれない映画。
続編の「ハンニバル」はイマイチだったかな。血を流せばいいってもんじゃ無いと思う。その次に公開された「レッド・ドラゴン」は「羊たちの沈黙」の前の話、つまり「エピソード1」だけど、わりと良くできていると思う。

サスペンス以外のお勧め、ヒューマンドラマ系
・「ショーシャンクの空に
刑務所脱獄モノ。途中は気持ちがモヤモヤするのだけど、最後はスカッ!とします。ビールが飲みたくなる。

・「フライド・グリーン・トマト
ジェシカ・タンディとキャシー・ベイツの二人のアカデミー賞女優が出演。黒人差別あり、家庭の問題ありのストーリーだが最後はほのぼのする映画です。

くだらない映画も好きです。
・「裸の銃(ガン)を持つ逃亡者
いろんな映画のパロディ満載、下ネタ満載の映画。「裸の銃」シリーズで一番好きです。

でもホラーとかスプラッタ系はあまり観ない。
だって、怖くないから。

Q3 今後観たいもの
「ユージュアル・サスペクツ2」が制作される!ということをケビン・スペイシーがレストランのウェイトレスに話した、という話題が流れている。ホントかいな?なぜにウェイトレスに?とは思うが、ホントなら嬉しい。

Q4 回す人(0~何人でも)
う~ん、コレが一番難しい。
私は自分がblogをやっていることを身近な人に話していない。だって、言いたい放題できないからね。たまに周囲の人がネタになってるときがあるし。
人のブログにもあまり書き込みをしないので、ブログ友達少ないっす。
世界陸上400mリレーのバトンパスが上手くいかなかった以上に渡す相手がいないんですが、許してください。
「give me シネマバトン!」と思ってる方、ご連絡ください。お渡ししますよ。

でも、「Catch me if you can

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ。

|

« レースは現場で起こってるんだ! | Main | SIERRA インセンスシダー・ボールペン »

Comments

バトンを受け取ってくださってありがとうございます。
magはあまり映画を見ないので
時間が出来たら見る映画に、ヒューマンドラマ系でお勧めの3つを
ランクインさせていただきます。
サスペンスもいいですが、ほのぼのする方が
優先順位高くなっちゃうなぁ。


Posted by: mag | August 19, 2005 at 11:10 AM

magさま

ほのぼの系お勧め映画を一つ。
「ストレイト・ストーリー」という映画です。
デビッド・リンチ監督ですが、めずらしくほのぼの系です。
とあるおじいさんが、長年仲違いをしていた兄弟に芝刈り機を運転して会いに行く、という話ですが、コレに出てくる人はみーんないい人で、暖かくてでも切ないいい映画です。
主演のおじいさんが後に病気を苦に(だったと思うが)自殺したというエピソードも、切なくさせる要因の一つなんですが。

Posted by: OGK会長 | August 21, 2005 at 09:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64330/5479239

Listed below are links to weblogs that reference 映画って、本当にいいもんですねえ:

» 白銀に燃えて (Iron Will) [amore spacey]
私のお気に入り度 ★★★★☆☆(★★★★★が最高) 17歳の少年ウィルが父親亡き後、家族の経済危機を救うべく、高額賞金の出る犬ゾリ・サバイバルレース出場を決める。ウィルの出場権バックアップからレース最後まで見届けるのが、新聞記者ハリー(ケヴィ)なのですね。 作品自体は、う~ん、期待ハズレだった。最初から結末が見え見えの作品で、あんな安易なシーンはないだろうよ、監督(殴) ディズニー映画だったからなのか?私ならレースシーンを大胆にカットして、レース終了後の新聞記者と少年及びその家族の関係を... [Read More]

Tracked on December 20, 2005 at 03:19 PM

« レースは現場で起こってるんだ! | Main | SIERRA インセンスシダー・ボールペン »