December 27, 2005

ぴーちゃんはミカンがお好き

IMG_1122あまりの興奮に動きが速すぎて、ピントが合いません。
これが精一杯。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

November 25, 2005

カレンダー・ガール

もうすぐ11月も終わる。
もうすぐ今年も終わる。
そろそろ来年のカレンダーを考えなくちゃ。

毎年、職場でもらうカレンダーの中から、できるだけオサレなものチョイスしていた。時には購入もしていたが、ここ数年はカレンダーのオサレ感などどうでもよくなった。

何故なら・・・

Continue reading "カレンダー・ガール"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 11, 2005

ぴーちゃんにご用心

030714_210001
前にも登場したが、私が飼っているコザクラインコのぴーちゃんである。ヒナの時はこんなのだった。
飼い始めて、約2年になる。

小鳥専門のペットショップで出会ったときは、まだ羽も生えそろってないヒナだった。とてもおとなしくほとんど鳴かなかった。まだ飛べないのに私を怖がって手から逃げたとき、「ピャー!」と初めて鳴いた。エサも私の手からは全く食べないので、口に押し込むようにしてやった。

飼い始めて2週間くらいは私怖がって懐かず、セキセイインコや文鳥の飼育経験のある私としては、コザクラインコとはなんと頑固で難しい鳥だろうか、と悩んだものである。でも、その経験がそのとき生かされた。
鳥は口同士をつけ合う、「口チュッチュ(言葉が幼稚)、つまりキスが好きなのである。
ムツゴロウさんが犬にやるような、のとはちょっと違うが。

Continue reading "ぴーちゃんにご用心"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2005

無償の愛

IMG_0451-1 前回、悲しい思い出を思い出してまで言いたかったのは、私は鳥を愛している!ということだ。わかっていただけただろうか。飼えるものなら飼ってみたいと思ってる動物はカラスだし、しょっちゅう職場の窓の外に並んで休憩しているハトの数を数えたりしてるし、ビールのお供は焼鳥が一番だと思っている。

犬や猫ももちろん好きなのだが、今はアパートなので飼えない。一人暮らしも長くなったある日、ネットを見ていると、コザクラインコなるインコがいることを知った。そのインコは熱帯原産独特のカラフルな色をしており、真っ黒なつぶらな瞳をしていた。元々鳥好きな上に、そのかわいらしい姿にノックアウトされた(古)。私は、もうコザクラインコのことしか頭になくなっていた。なんでこんなにかわいいのだろう。他のインコと違うところに気がついた。インコ特有のブタっ鼻が羽毛で隠れて見えないのだ。

Continue reading "無償の愛"

| | Comments (6) | TrackBack (4)

April 07, 2005

我が家の鳥の思い出したくないおもひで

私の実家では、私が小さい頃から動物をたくさん飼っていた。犬、猫、リス、金魚・・・・。中でも、物心ついたころに飼い始めたのは文鳥である。その後、初めてセキセイインコを飼った。ピコちゃんという名のインコだ。ピコちゃんはヒナから飼い始めたので、家族に大変よく慣れていた。肩に乗せて外に出ても、逃げなかった。言葉も覚えた。日中家にいる祖母の言葉をよく覚え、「ピコちゃん、ピコちゃん」としゃべっていた声は、祖母そっくりだった。

ある日、ピコちゃんの様子がおかしいので、カゴから出して居間の暖かいところに置いておいた。しばらくすると、居間が騒がしい。行ってみると、ピコちゃんが死んだと言う。さっきまで生きていたのに。しかしよく聞くと、死因は病気ではないようだ。なんと、姉がピコちゃんを踏みつけたのだった。バカ姉が言い訳した。

「ピコちゃんと絨毯の柄が同じだった・・・。」

Continue reading "我が家の鳥の思い出したくないおもひで"

| | Comments (5) | TrackBack (0)